【Gのレコンギスタ】HG G‐セルフ購入(レビュー)

公開日: : プラモ, レビュー


Gセルフ

10月より放送される富野監督の最新作『ガンダム Gのレコンギスタ

その主役機「G‐セルフ」が放送前にも関わらず9月20日に先取り発売されたので早速購入してみました。

IMG_0695

お値段1600円の三割引で1120円で購入。主人公機として考えれば破格の安さ。

ランナーも至って普通。

IMG_0696

組立て

完成するとこんな感じに。オールガンダムプロジェクト規格で作られており非常に簡単に組み立てる事ができます。

主人公機という事もあって、至ってシンプル。THE主役ガンダムという風貌が逆に新しく感じます。

IMG_1677

今回の白は真っ白ではなく、少し緑よりのクリーム色をしているため好みに分かれる配色。

 

後ろ姿。最近のガンダムによくある「バックパックスタイル」ストライクガンダムやインパルスガンダムがほぼ同じ様な物を使っていたので得に真新しさはありませんね。

今回のバックパックは大気圏用という事でもちろん宇宙用などもありますがまだキット化はされておらず。

IMG_1689

付属品。シールド。ライフル。サーベルと全くいつも通りの武装。サーベルはいつもより細めです。

IMG_1682

武装、シルエット共に真新しさもなく可動範囲も非常に無難な所なのですが、細かい所が非常にSF的な外見をしていますね。

各所に使用されているクリアパーツが良いアクセントを生み出しています。

IMG_1678

IMG_1679

クリアサーベルが二本ついてくるのも何気に嬉しい所。

IMG_1685

バックパックが意外とよく動くので上から見た図が一番表情豊でかっこいいです。

IMG_1680

G-セルフの強烈な個性を放っているアンテナ。初代ガンダムともターンエーガンダムとも違う新しいデザイン。

似たようなデザインでテスタメントガンダムやガンダムハルートなどもありますが。

IMG_1687

バックパックを外した状態。換装機全体に言える事ですが、各種武装を外した素の状態だと全く印象が変わるのが面白いです。

IMG_1681

因みに、その見た目からガンダムエクシアやインパルスガンダムに似てるなどと言われていますが各パーツをじっくり見ていると一番近いのはVガンダムではないでしょうか?

IMG_1684

最後にRISE!のG‐セルフを再現してみましたがあまりうまくいきませんでしたとさ。

IMG_1596

非常にシンプルで遊びやすい機体ではありますがその分シンプルで得にコレといった物が無いのも事実です。

が、この機体は換装機なのでこの先どんどんバリエーションが増えていくのが確定しているので楽しみですね。

中には200mのサーベルを出す武装や生き物のように自在に動く武装なども出るようで『Gのレコンギスタ』目が離せない作品です。

公式サイトのほうで冒頭10分を公開しているので是非ご覧ください!!

ad

ad

ad

HGリーオーは大体37分で組める。

HGリーオー 最近発売されたガンダムWの量産型MS「リーオー

「俺ら、夏鳥」 後輩が人力飛行機の映画を作った!!

 後輩が人力飛行機の映画を作った! どもどもGONKEデス。

少数派の人だけに語る『レディ・プレイヤー1』

少数派の違和感     まず

パパパーパパパ〜『パシフィック・リム アップライジング』レビュー

アップライジング どうもどうも、GONKEです。『パシィック・リム

桜咲いたら・・・Industar-61 L/D 55mm f2.8 オールドレンズのお話。

Industar-61 L/D 55mm f2.8  

→もっと見る


About


GUNKANwebはマジメにやったりかなりふざけたりと何でもアリなサイトを目指しています。

PAGE TOP ↑