幕張メッセで開催中の「メガ恐竜展」に行ってきた。(ウンコ盛り)

公開日: : レポート


メガ恐竜展

東京・幕張メッセで現在開催中の展示イベント「メガ恐竜展」に行ってきました。

http://mega2015.jp/

今回の目玉は超大型竜脚類「トゥリアサウルス」の骨格が公開されています。

IMG_2458

幕張メッセは会場が広いので専門の常設展に並ぶ大掛かりな展示可能なのが売り。

なお、今回はまだ開催間もないのでなるべくネタバレの少ないように配慮しています。

会場内。朝一から行ったので人は少なめ。やはり夏休み+恐竜と言う事もあって沢山の子供たちがいました。

DSC_0017

IMG_2469はじめは恐竜やマンモスの模型からスタートです。

IMG_2468

IMG_2471

IMG_2466

IMG_2461

 

何故巨大化したのか?

今回の展示のテーマは「何故、恐竜はこんなにも巨大化したのか?」について、今も生存するザトウクジラなどの大型ほ乳類をヒントに順を追ってその答えに進みます。

IMG_2476

IMG_2481

まずは古代の海中の生物たち。水の中は地面と違って大型化できるのは周知の事実

IMG_2488

IMG_2490

このバシロサウルスのように各恐竜の豆知識が目白押し。

IMG_2495

IMG_2496

IMG_2491

また、会場内各所で本物の化石を触れるようになっています。

IMG_2500

因みに、今回の主役は竜脚類。四足歩行の大型恐竜がメインなので、極端に二足歩行の恐竜はいませんでした。

IMG_2503

IMG_2504

IMG_2522

IMG_2515

このエオラプトルという二足歩行の恐竜が進化の過程で四足になっていったなど興味深かったです。

IMG_2511

IMG_2510

トゥリアサウルス

さて、今回の目玉、「トゥリアサウルス」です。全長約30メートル!ガンダムよりも大きい!!この恐竜。なぜ、トゥリアサウルスはここまで大型になれたのか。というテーマで骨の構造から生態系まで余すことなく説明がされており勉強になりました。

IMG_2518

DSC_0009

IMG_2519

IMG_2520

一応ティラノサウルスなども展示されています。

IMG_2570

IMG_2549

因みにティラノサウルスの復元イラストには「毛」が生えています。

IMG_2550

 

IMG_2561

会場内ではテレビモニターに学者の解説映像が流れているので字を読むのが苦手な子供でも楽しんで聞いていました。

IMG_2558

さて、このくらいにします。

恐竜展ではほぼ定番の「哺乳類の時代」(人類の時代)が最後に。

IMG_2567

IMG_2577

ウンコの化石

7月31日までの平日限定かつ各日1000名に「恐竜のウンコの化石」がもらえます。

私はコレが欲しくて朝一から行きました()

IMG_2578

ウンコの化石というこのニッチ具合が嬉しいですね。

IMG_2586

会場内にもウンコの化石が豊富に。ある意味、もう一つの主役。

IMG_2531

うんこです。

IMG_2532

これもうんこです。

IMG_2533

うんこですねー

IMG_2534

うん、これだ!!

IMG_2535

以上。メガ恐竜展でした。8月はジュラシックワールドも公開されるので恐竜に興味がある人はぜひ!!

ad

ad

ad

HGリーオーは大体37分で組める。

HGリーオー 最近発売されたガンダムWの量産型MS「リーオー

「俺ら、夏鳥」 後輩が人力飛行機の映画を作った!!

 後輩が人力飛行機の映画を作った! どもどもGONKEデス。

少数派の人だけに語る『レディ・プレイヤー1』

少数派の違和感     まず

パパパーパパパ〜『パシフィック・リム アップライジング』レビュー

アップライジング どうもどうも、GONKEです。『パシィック・リム

桜咲いたら・・・Industar-61 L/D 55mm f2.8 オールドレンズのお話。

Industar-61 L/D 55mm f2.8  

→もっと見る


About


GUNKANwebはマジメにやったりかなりふざけたりと何でもアリなサイトを目指しています。

PAGE TOP ↑